Fetch as Googleからブログ記事を復元する方法【最終手段】

Fetch as Googleからブログ記事を復元する方法【最終手段】 WEBサービス

WordPressでブログを運営している場合、定期的にこまめにデータベースのバックアップを取っていれば障害などがあっても問題なくブログを復元できますが、万が一バックアップを失敗したり忘れたりしてブログが復元できず、過去に投稿した記事が失われてしまった際の最終手段を紹介します。

記事を投稿した際にアップロードした画像などはPC内に残っているケースが多々ありますが、WordPressのエディタに自分で直接書いた文章が失われてしまった際はどうしようもなく、その失望感は計り知れません。

通常の復元方法としては、まずGoogleやBingのキャッシュで記事を表示して復元を試し、それでもダメならInternet ArchiveのWayback Machine[ https://archive.org/web/ ]や、自分で送信したRSSなどから記事の復元を試しますが、それらでもダメな場合はお手上げとなってしまいます。

しかし、SEOの為に、記事を投稿後にその記事に対して「Fetch as Google」のリクエストを行っていた場合はそこから復元することができます。

その方法を解説します。

スポンサーリンク

Fetch as Googleからのブログ記事復元方法

Search ConsoleのFetch as Googleを開く

Search Consoleにログインします。
URL:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

メニューの「以前のバージョンに戻す」をクリックして旧Search Console画面を開きます。

Search Console「以前のバージョンに戻す」

旧Search Consoleのメニュー「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。

Fetch as Googleを開く

復元したい記事のHTMLソースを取得

Fetch as Googleから復元したい記事をクリックします。

Fetch as Googleから復元したい記事をクリック

「ダウンロードされた HTTP レスポンス:」内にブログ記事のHTMLソースが表示されますが、このHTMLソースはコピペ出来ないので、このページ自体のソースを表示します。

Fetch as Google自体のソースを表示

ソースが表示されたら[Ctrl + F]で「<header>」を検索します。

Ctrl+Fでソース内を検索

WordPressのテーマによって若干違いますが、だいたい一番初めの「<header>」以下がブログの記事部分のソースとなりますのでソースの末尾まで選択してコピーします。

ソースの末尾まで選択してコピー

WordPressの記事投稿画面にペーストして復元

WordPressの「投稿」→「新規追加」をクリックし、「テキスト」タブを選択します。
※WordPress5.0以降をご利用の方は旧エディター(Classic Editorプラグイン)を利用ください。

ここから若干テクニックが必要なので間違えないようにしてください。

1.まず「テキスト」タブに先ほどコピーしたソースを貼り付けます。

「テキスト」タブにソースを貼り付け

2.次に「ビジュアル」タブをクリックし、テキストエリア内を全て選択し、コピーします。

「ビジュアル」タブをクリックしてテキストエリア内を全て選択

「ビジュアル」タブのテキストエリア内をコピー

3.再度「テキスト」タブに切り替えると既に全てが選択されているので、そのまま上書きで先ほどコピーしたソースを貼り付けます。

「テキスト」タブに切り替えてソース貼り付け

4.最後にもう一度「ビジュアル」タブに切り替えます。

最後にもう一度「ビジュアル」タブに切り替え

これで上にスクロールすると見事に投稿記事が復元されています。

1行目にタイトルが表示されているので、タイトルとパーマリンクを設定し、最後に記事以外の不要な部分(タイトル、目次、フッターなど)をビジュアルエディタで消せばブログ記事の復元が完了です。

スポンサーリンク

まとめ

全体の流れをまとめると以下のようになります。

  • Fetch as Googleが収集したHTMLソースを表示
  • そのままだとHTMLソースをコピーできないのでページ全体のソースを表示
  • 記事部分のHTMLソースをコピー
  • WordPressのエディタタイプ切り替え機能を使って特殊文字やHTMLソースを元どおりに変換
  • 記事の復元完了

Fetch as Googleをこまめに実行していた方しか出来ない復元方法ですが、最終手段として覚えておきましょう。

SEOの為と、万が一の際の記事復元の為にもFetch as Googleは必須ですね。