PCの電源が入らない原因を特定して修理する【電源ユニット交換】

PCの電源が入らない原因を特定して修理する【電源ユニット交換】 周辺機器

先日、普段利用しておらず滅多に電源を入れることさえないスリムPCの電源を久しぶりに入れたのだが、うんともすんとも言わずに全く無反応。

電源コードを交換してみてもダメ。違うコンセントで試してもダメ。何をやっても全く反応が無い。

マザーボードやCPU、メモリ等の故障であれば、電源を入れれば何かしらの反応があるはずなのだが、ファンが一瞬回ったり、ビープ音が鳴ることも無く完全沈黙。

こんな場合は、まず間違いなく電源ユニットの故障を疑うべき。

というわけで故障の原因を特定して修理します。

スポンサーリンク

現在の状況

これが全く電源が入らないPCです。

電源が入らないPC(マウスコンピューター:0812LM-iS441B-PL20W-XP)

メーカー:マウスコンピューター
型番:0812LM-iS441B-PL20W-XP

【メーカー】:マウスコンピューター【型番】:0812LM-iS441B-PL20W-XP

Windows XP時代の10年以上前のかなり古いPCですが、OSをWindows10に変更し、メモリを増量し、CPUをCore2 Quadに換装して利用していました。こんなに古いPCでもWindows10ならサクサク快適に動いていました。

スポンサーリンク

不具合の原因を特定する

まずPCの電源が入らない原因を特定するために、正常な電源ユニットを接続してテストしてみることにします。

PCを分解

サイドカバーを外します。

PCのサイドカバーを外す

次にフロントのカバーを外します。

2つのツメを押すとフロントカバーをずらすことが出来ます。(ツメは上側に2つ、下側に2つの合計4つあります。)

PCのフロントカバーを外す(1)

 

フロントカバーを外しました。

PCのフロントカバーを外す(2)

マザーボードから電源ユニットのコードを外す際に邪魔になるのでDVDドライブも外します。(DVDドライブの横のネジを外し、ケーブル類を外すとDVDドライブを手前に引き抜くことができます。)

PCからDVDドライブを外す

電源ユニットを外します。(あらかじめ電源ユニットから出ているケーブルはマザーボードやHDDなどから全部外しておきましょう。)

PCから電源ユニットを外す(1)

PCから電源ユニットを外す(2)

電源ユニットが外れました。

電源ユニットの取り外し完了

正常な電源ユニットを接続してみる

正常な電源ユニットを接続してテストします。これでPCの電源が入るようであれば、原因は「電源ユニットの故障」ということになります。

正常な電源ユニット

正常な電源ユニットを接続して通電テストを実行

電源が入りました。CPUファンも回り、電源ONのLEDも輝いています。PCの電源が入らない原因は「電源ユニットの故障」で確定です。

スポンサーリンク

電源ユニットの交換

電源ユニットの規格と型番を調べる

これが故障した電源ユニットです。

故障した電源ユニット

型番が「MUS-250FN-5RX」という250W電源。規格は形状から見て「TFX電源ユニット」です。

故障した電源ユニットの規格と型番

新しい電源ユニットの購入

Amazonで検索していたら以下のような電源ユニットを発見。

商品名:「サイズ TFX電源ユニットCORE-TFX275 scytyhe」
価格:3,287円

Amazonで「TFX電源」を検索

 

規格と形状が同じで、ワット数が25Wほど大きいので完璧です。これを購入します。

新しい電源ユニットが到着

購入した新しい電源ユニットが到着しました。

購入した新しい電源ユニットが到着(1)

購入した新しい電源ユニットが到着(2)

内容物です。(電源ユニット本体と電源ケーブル、ネジと結束バンドが入っていました。)

「サイズ TFX電源ユニットCORE-TFX275 scytyhe」の内容物

箱の裏側です。

「サイズ TFX電源ユニットCORE-TFX275 scytyhe」の箱の裏側

新旧の電源ユニットを比較してみます。(左:旧、右:新)

新旧の電源ユニットを比較(1)

完全に一致(笑)

取り付けの際に赤枠で囲んだ金具が必要なので、新しい電源ユニットに移植しました。(ネジ止めされているだけなので簡単に移植できます。)

取り付け金具を新しい電源ユニットに移植

PCの組み立て

基本的にPCを分解した際とは逆の手順で組み立てていくだけです。

PC組み立て前のパーツ一覧

電源ユニットをねじ止めしてマザーボードに電源ケーブルを接続。

電源ユニットを組み込んでマザーボードに接続

DVDドライブを元に戻し、SATAケーブルと電源ケーブルをDVDドライブ、HDD等に接続。

DVDドライブを元に戻してケーブル類を全て接続

フロントパネルを取り付け。

フロントパネルの取り付け

最後にサイドカバーを取り付ければ組み立て終了です。

PCのサイドカバーを取り付けて完了

スポンサーリンク

起動チェック

PCの組み立てが完了したので、テスト用のモニターとマウス・キーボードを繋げて起動テストをしてみます。

テスト用のモニターを繋げて起動テストを実行

電源ボタンONでPCの青色のLEDが輝き、無事にWindows10のロック画面が表示されました。

PC及びWindows10の起動テスト成功

これで修理は完了です。

スポンサーリンク

備考(故障した電源ユニットを分解)

後日、故障した電源ユニットを分解してみました。

以下が故障した電源ユニットの基盤です。(コードやファン等は再利用の為に外してあります。)

故障した電源ユニットの基盤

電解コンデンサが膨張していますので、これが故障の原因だと思われます。「電解コンデンサが寿命で膨張」は電源ユニットが故障する際のよくあるパターンですね。

電解コンデンサの膨張や液漏れ

電解コンデンサは消耗品です。スリムPC等の電源ユニットはどうしても熱がこもって高温になりやすく、高温になると電解コンデンサの寿命も短くなります。

電解コンデンサを単体で購入し、半田ゴテを使って電解コンデンサ自体を交換・修理するという方法もありますが、今回のように電源ユニット自体が価格的に安い場合は、電源ユニットの新品を購入したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • PCの電源を入れても全く無反応な場合は電源ユニットの故障を疑う。
  • 正常な電源ユニットを接続してPCが起動するようなら電源ユニットの故障が確定。
  • 電源ユニットを新規購入する際は、同じ規格で、ワット数が同等かワット数が大きい電源ユニットを購入する。

以上で解決です。