不良セクタがあるHDDをローレベルフォーマットで利用可能にする

不良セクタがあるHDDをローレベルフォーマットで利用可能にする 周辺機器

HDDに不良セクタが発生した場合には、まずHDD内のデータをバックアップし、保証期間内であればRMAで保障交換してもらうのが通常だが、既に保証期間が切れたHDDの場合は、その処理に困ることになる。

基本的には、下記の3択のどれかを選択することになる。

  1. データ抹消ツールやアプリを利用してデータを完全消去してから廃棄する。
  2. 物理的にHDDを破壊して廃棄する。
  3. 多少の代替処理済みの不良セクタだけなら重要ではないデータの保管用として利用する。

今回は上記の3を選択し、HDDをローレベルフォーマットして、代替処理保留中および回復不可能セクタを全て処理して、HDDを再利用できるかどうが検証してみようと思う。

スポンサーリンク

ローレベルフォーマット前のHDDのS.M.A.R.T.情報

今回、ローレベルフォーマットで修復を試みるHDDは「HITACHI(HGST)」の「HDS721010CLA332」という1TBのHDDです。2009年に発売開始されて、もうとっくに保証期間が切れた古いHDDです。

以下がCrystalDiskInfoで調べた修復前のS.M.A.R.T.情報となります。(※S.M.A.R.T.情報とはHDD本体に記憶されているHDDの健康状態を示す情報です。)

ローレベルフォーマット前のHDDのSMART値

(05)代替処理済のセクタ、(C5)代替処理保留中のセクタ、(C6)回復不可能セクタが存在し、健康状態が「注意」となっています。

問題となるのは、(C5)代替処理保留中のセクタと、(C6)回復不可能セクタですが、これをローレベルフォーマットで処理して(05)代替処理済のセクタに変更していきます。

【ローレベルフォーマットとは?】
ローレベルフォーマットとは、別名「ゼロフィル」とも呼ばれ、ハードディスクの全領域に「00」というデータを書き込む作業です。ハードディスクの全領域に書き込み処理が行われることにより、不良セクタの発見や、代替処理保留中セクタの代替処理を行うことができます。
スポンサーリンク

ローレベルフォーマット用のアプリ「Data Lifeguard Diagnostic」

「Data Lifeguard Diagnostic」とは

「Data Lifeguard Diagnostic」とは、ハードディスクメーカーのWestern Digitalが配布している、ハードディスクのメンテナンスツールです。

Windowsにインストールして利用し、機能としては、HDDの診断、不良セクタの修復、ローレベルフォーマット(ゼロフィル)などを行うことができます。

本来、Western Digital社製のハードディスク用のツールですが、他のメーカーのHDDでも利用可能です。

ダウンロード

Western Digitalのサポートページからダウンロードします。

■Windows用Data Lifeguard Diagnostic
https://support.wdc.com/downloads.aspx?p=3&lang=jp

Windows用Data Lifeguard Diagnosticをダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

ダウンロードしたData Lifeguard Diagnosticのzipファイル

解凍後にできる「WinDlg_v1_36.exe」というファイルを実行してインストールを行います。

「WinDlg_v1_36.exe」を実行してインストール

インストール

「WinDlg_v1_36.exe」を実行するとインストール画面が開きますので「Next」をクリックします。

Data Lifeguard Diagnosticのインストール画面(1)

「Install」をクリックします。

Data Lifeguard Diagnosticのインストール画面(2)

「Finish」をクリックするとインストール完了です。

Data Lifeguard Diagnosticのインストール画面(3)

デスクトップに「Data Lifeguard Diagnostic」のショートカットが作成されます。

「Data Lifeguard Diagnostic」のショートカット

早速「Data Lifeguard Diagnostic」を起動してみます。

スポンサーリンク

「Data Lifeguard Diagnostic」でHDDのメンテナンス開始

「Data Lifeguard Diagnostic」を起動

「Data Lifeguard Diagnostic」を起動すると、ライセンス等の確認画面が出ますので「I accept this License Agreement」にチェックを入れて「Next」をクリックします。

「Data Lifeguard Diagnostic」のライセンス確認画面

すると、現在PCに接続されているストレージの一覧が表示されます。

現在PCに接続されているストレージのリスト

メンテナンスするディスクを「右クリック」するとメニューが出ますので「Run Diagnostics」をクリックします。

「右クリック」から「Run Diagnostics」をクリック

HDDメンテナンスのオプション一覧が表示されます。

HDDメンテナンスのオプション一覧

以下がオプションの説明です。

QUICK TEST
ドライブに保存されているData Lifeguard情報を収集、検証するために SMART ドライブ・クィックセルフテストを実行します。
EXTENDED TEST(拡張試験)
不良セクタを検知するためにフルメディアスキャンを実施します。ドライブのサイズにより、試験完了まで数時間を要する場合もあります。
ERASE
完全消去およびクイック消去オプションにより、ドライブにゼロと書き込みます。これによりファイルシステムとデータが消失します。
VIEW TEST RESULT
最新の試験結果が表示されます。

引用元:Windows用Data Lifeguard Diagnostic

メンテナンスを実行

メンテナンスのオプションを順番に実行していきます。

QUICK TEST ※1度目

「QUICK TEST」を実行します。

QUICK TESTを実行

確認画面が出るので、開いているファイルと他のプログラムを全て終了して「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

「QUICK TEST」は1分未満で速攻で終了しました。「Close」で閉じます。

「QUICK TEST」終了

EXTENDED TEST(拡張試験)※1度目

次に「EXTENDED TEST(拡張試験)」を実行します。

EXTENDED TEST(拡張試験)を実行

確認画面が出るので「OK」をクリックします。

確認画面の「OK」をクリック

「EXTENDED TEST(拡張試験)」が終了しました。掛かった所要時間は約2時間半(2時間37分)です。「Repair」をクリックして不良セクタの修復を試みます。

「EXTENDED TEST(拡張試験)」終了

不良セクタの部分のデータが失われるという確認画面が出ますが、既にデータは全てバックアップ済みなので「OK」をクリックします。

不良セクタの修復の確認画面

不良セクタの修復に失敗した模様です。(※これは想定内です。)「OK」をクリックして閉じます。

不良セクタの修復に失敗

ERASE(FULL ERASE) ※1度目

「ERASE」を実行してローレベルフォーマット(ゼロフィル)を行います。

「ERASE」ローレベルフォーマット(ゼロフィル)を実行

確認画面が出るので「OK」をクリックします。

確認画面の「OK」をクリック

HDDのパーティションが削除されるという確認画面が出るので「OK」をクリックします。

パーティション削除の確認画面

全てのデータが削除されるという確認画面が出ますが、既にデータは全てバックアップ済みなので「OK」をクリックします。

全てのデータが削除されるという確認画面

「FULL ERASE」を選択して「OK」をクリックします。

「FULL ERASE」を選択して実行

「ERASE(FULL ERASE)」が終了しました。掛かった所要時間は約2時間半(2時間36分)です。「Close」をクリックして閉じます。

「ERASE(FULL ERASE)」が終了

一度目のオプション実行では

  • QUICK TEST成功
  • EXTENDED TEST(拡張試験)失敗
  • ERASE(FULL ERASE)成功

と言う結果になりました。

PC再起動

一度PCを再起動して、再度「Data Lifeguard Diagnostic」を起動して、もう一度先ほどの3つのオプションを順に実行していきます。

QUICK TEST ※2度目

2度目の「QUICK TEST」を実行します。

「QUICK TEST」を実行(2度目)

終了しました。

2度目の「QUICK TEST」終了

EXTENDED TEST(拡張試験)※2度目

2度目の「EXTENDED TEST(拡張試験)」を実行します。

2度目の「EXTENDED TEST(拡張試験)」を実行

終了しました。「Repair」をクリックして不良セクタの修復を試みます。

「Repair」をクリックして不良セクタを修復

不良セクタの修復が成功しました。1度目の「ERASE(FULL ERASE)」でローレベルフォーマット(ゼロフィル)を行った効果だと思われます。

不良セクタの修復が成功

不良セクタの修復が成功したので、「EXTENDED TEST(拡張試験)」にPASSという表示が出ました。

「EXTENDED TEST(拡張試験)」が正常終了

ERASE(FULL ERASE) ※2度目

念のため、もう一度、2度目の「ERASE(FULL ERASE)」を実行します。

2度目のERASE(FULL ERASE)

確認画面を確認し、「FULL ERASE」をスタートさせます。

確認画面で「OK」をクリック(1)

確認画面で「OK」をクリック(2)

「FULL ERASE」を選択してOK

2度目の「FULL ERASE」は2時間40分で終了しました。

2度目の「FULL ERASE」が終了

2度目で全てのオプション項目が成功し、緑のOKマークが付きました。

全てのオプションが正常に終了

メンテナンス後のHDDの状態を確認

VIEW TEST RESULT

「VIEW TEST RESULT」を選択して「START」をクリックします。

「VIEW TEST RESULT」を選択して「START」をクリック

「VIEW TEST RESULT」での表示内容

「VIEW TEST RESULT」での表示内容

S.M.A.R.T.情報を確認

Run Diagnostics

ディスクを「右クリック」してメニューから「Show SMART Dive info」をクリックします。

メニューから「Show SMART Dive info」をクリック

表示されたS.M.A.R.T.情報では全て緑色のOKマークが出ていました。

メンテナンス後のS.M.A.R.T.情報(1)

メンテナンス後のS.M.A.R.T.情報(2)

「Data Lifeguard Diagnostic」での作業は全て終わったので、「Data Lifeguard Diagnostic」を終了します。

「Data Lifeguard Diagnostic」を終了

CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfoでも確認してみます。

メンテナンス後のCrystalDiskInfo

メンテナンス前とメンテナンス後の比較画像です。

HDDメンテナンス前とメンテナンス後のCrystalDiskInfo比較

メンテナンス後は(C5)代替処理保留中のセクタ、(C6)回復不可能セクタが消えて、(05)代替処理済のセクタの値が増えています。

S.M.A.R.T.情報を見る限り、不良セクタの代替処理が全て完了しているので、このHDDは再利用できそうですね。

重要ではないデータの保管用として再利用してみます。

もしメンテナンス後のHDDを再利用しているときに、また(05)代替処理済セクタや(C5)代替処理保留中のセクタ、(C6)回復不可能セクタがまたジワジワと増えていくようならそのHDDは既に寿命です。早急にデータをバックアップしてそのHDDは廃棄しましょう。

まとめ

HDDに不良セクタが発生した場合には、まず保証期間をチェックする。

保証期間が残っているならRMAで保障交換を申請するが、保証期間が切れている場合は下記の3択のどれかを選択する。

  1. データ抹消ツールやアプリを利用してデータを完全消去してから廃棄する。
  2. 物理的にHDDを破壊して廃棄する。
  3. 多少の代替処理済みの不良セクタだけなら重要ではないデータの保管用として利用する。

重要ではないデータの保管用としてHDDを再利用したい場合には、「Data Lifeguard Diagnostic」を利用して不良セクタのリペアやローレベルフォーマット等のHDDのメンテナンスを実行してみる。

「Data Lifeguard Diagnostic」の各オプションを実行中に何度もエラーが出て最後まで実行不可能な場合や、メンテナンスが成功してもHDDの再利用をしている際に(05)代替処理済セクタ、(C5)代替処理保留中のセクタ、(C6)回復不可能セクタがまた増えていく場合は諦めてHDDを廃棄する。

以上で解決です。