eSATA接続の古いRAID対応HDDケースをUSB3.0で利用可能にする

eSATA接続の古いRAIDケースをUSB3.0で利用可能にする 周辺機器

10年以上前に購入したeSATA/USB2.0接続のRAID対応外付けHDDケースがあるのだが、eSATAという規格自体が最近はほとんど利用されていない。

eSATAケーブルおよびその形状

したがって、比較的新しいPCでは利用することが出来ず、そろそろ廃棄しようかと思っていた。

しかし、とりあえず「使える物は使おう」という精神で、eSATAをUSB3.0で接続できるようにする。

eSATA/USB2.0接続 RAID対応HDDケース(CG-HDC2EU3100)

「CG-HDC2EU3100」は2009年にコレガから発売され、2010年に購入しました。

当時は、この機種のeSATA端子を利用したUSB2.0とは比較にならないほど高速な転送速度で、快適なPCライフを送っていた記憶があります。

USB2.0のデータ転送速度は最大480Mbps(理論値)で、eSATAのデータ転送速度(購入時のカタログスペック)は最大3.0Gbps(理論値)です。※その後eSATAという規格は最終的に最大6.0Gbps(理論値)まで速度アップします。
eSATA/USB2.0接続 RAID対応HDDケース(CG-HDC2EU3100)

当時としてはかなり優秀なHDDケースでしたが、唯一の欠点は発熱で、ケース後方にファンは付いているのですが、HDDの温度が45度を超えて50度近くなることもしばしば。

その対策として、前方にドリルでエアー吸入用の穴を空けたり、後方のファン交換やエアー排出口の拡大をしたりなどの改造を加えることにより、HDDの温度が常時35度以下というなかなか高性能なHDDケースとして快適に利用していました。

【前面】

eSATA/USB2.0接続 RAID対応HDDケース(CG-HDC2EU3100)の前面(改造後)

【背面】

eSATA/USB2.0接続 RAID対応HDDケース(CG-HDC2EU3100)の背面(改造後)

問題点

しかし、時は流れ、時代はUSB3.0に移っていくことになります。

外付けHDDケース接続用端子のメインストリームは軒並みUSB3.0に移行し、新しく発売されるPCからはeSATA端子が消えていくと言う事態に。

この機種の「eSATAが使えない」ということはUSB2.0でのデータ転送しか出来ないということになり、流石にUSB2.0では転送速度が遅すぎて大量のデータを転送するバックアップ用外付けHDDとしては不適格。

そんなこともあり、次第にこのHDDケースを利用する機会も減っていき、気がつけば、大昔にバックアップしたデータを入れたまま、ひっそりと倉庫の片隅に放置されていました。

これを復活させます。

対策

eSATA to USB3.0変換アダプター探し

問題は転送速度。それならeSATAをUSB3.0経由で使えるようにすればよい。というわけでそんな変換アダプターを探します。

この手の変換アダプタ―はメーカー不明の怪しい商品が多いという印象があるので、選定の条件として、「出来るだけ信頼性があり耐久性も高そうなこと」と「価格が少々高くてもしっかりとした製品であること」を念頭に色々な製品を比較検討しました。

そこで見つかったのが「StarTech.com USB 3.0 – eSATA変換アダプタケーブル (91cm) eSATA対応HDD/SSD/光学ドライブを接続可能 USB3S2ESATA3」という製品。

「スターテック(StarTech.com)」というメーカーの製品は価格が少々高めですが、過去に何度か購入したこともあり安心感があります。更に2年間保証と無期限無料技術サポートも付いており、評価も高いのでこれに決定します。

購入

「USB3.0 – eSATA変換アダプタケーブル」が届きました。

StarTech.com USB 3.0 - eSATA変換アダプタケーブル (91cm) eSATA対応HDD/SSD/光学ドライブを接続可能 USB3S2ESATA3
「StarTech.com USB 3.0 - eSATA変換アダプタケーブル (91cm) eSATA対応HDD/SSD/光学ドライブを接続可能 USB3S2ESATA3」の内容物

手に持った感じでは、ケーブルも太く、作りもシッカリとしていて耐久性が高そうな感じです。

「StarTech.com USB 3.0 - eSATA変換アダプタケーブル (91cm) USB3S2ESATA3」のケーブル拡大写真

接続テスト

早速、接続して試してみます。

まず、HDDケースに「USB3.0 – eSATA変換アダプタケーブル」を差し、HDDケースの電源を入れます。

そしてPCにUSB3.0端子を接続します。

「StarTech.com USB3.0 - eSATA変換アダプタケーブル USB3S2ESATA3」とノートPCを接続

ドライバ等は不要ですぐに認識されます。

デバイスマネージャで確認したところ、「ポータブルデバイス」の「ボリューム」と、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」の「USB大容量記憶装置」が追加されていました。

デバイスマネージャの情報

チップはASMediaの「ASMT1051」を使っているようです。

ASMediaの「ASMT1051」

CrystalDiskInfoでは以下のように表示されました。

CrystalDiskInfoの情報

健康状態は「不明」となっていますが、HDDに不良セクタ等の障害が発生した場合は、RAID対応HDDケース側のステータスLEDにて警告が出るので問題ありません。

リード・ライトの速度測定

CrystalDiskMarkで速度を測定してみます。

【USB2.0接続のテスト】

USB2.0接続でのリード・ライトの速度測定結果

【USB3.0接続のテスト(USB3.0-eSATA変換アダプタケーブル利用時)】

USB3.0接続でのリード・ライトの速度測定結果

USB3.0-eSATA変換アダプタケーブルを利用したUSB3.0接続では、USB2.0に比べてシーケンシャルのReadとWriteが約2.5倍ほどスピードアップしています。

RAID 1で運用している外付けRAID対応HDDケースとしては、これくらいの速度が出ていれば全然問題無いですね。

その後の使用感

その後、大容量のデータを読み書きしてみましたが、接続も安定していてとても良いです。今回は良い買い物をしました。

PCと接続する際の順序に関して

USB3.0-eSATA変換アダプタケーブルを利用してeSATAのRAID対応HDDケースを利用する際の順序としては、以下のようになります。

【PCに接続する際の手順】

  1. HDDケースとUSB3.0-eSATA変換アダプタケーブルを接続
  2. HDDケースの電源を入れる
  3. PCにUSB3.0を接続

【PCから取り外す際の手順】

  1. PCにてUSB3.0-eSATA変換アダプタケーブルを「安全な取り外し」で無効にする。
  2. PCからUSB3.0を抜く
  3. HDDケースの電源OFFにする
このコレガのRAID対応HDDケース(CG-HDC2EU3100)は、ユーザーマニュアルによると、元々eSATAのホットプラグには対応していないとのことですが、このUSB3.0-eSATA変換アダプタケーブルを利用することによって、上記の方法でUSB3.0を介したホットプラグが可能になります。これは結構嬉しいです。

光学ドライブの接続テスト

このUSB3.0-eSATA変換アダプタケーブルの説明で、「光学ドライブも接続可能」という表記があったのでテストしてみます。

さすがにeSATA接続の光学ドライブは所有していなかったので、SATAをeSATAに変換する「SATA – eSATAケーブル」と「SATA用のAC電源アダプタ(これは何かの付属品でした)」を利用して、通常のSATA接続の内蔵型光学ドライブ(ブルーレイドライブ)で試します。

「SATA - eSATAケーブル」と「SATA用のAC電源アダプタ」

正常に光学ドライブを認識し、普通に利用できました。

USB3.0-eSATA変換アダプタケーブルで光学ドライブを接続

まとめ

これで、このRAID対応HDDケース(CG-HDC2EU3100)は最低でもあと5年は利用できる気がします。

今回購入したUSB3.0-eSATA変換アダプタケーブルがあれば、eSATA接続のレガシーデバイスがまだまだ利用できます。

更に、SATAをeSATAに変換する「SATA – eSATAケーブル」と「SATA用のAC電源アダプタ」を持っていれば、SATA接続のSSDやHDD、内蔵用光学ドライブなどもこのUSB3.0アダプタ経由で自由自在にPCに接続できます。

古い周辺機器などをまだ保有しており、捨てるのが勿体ないという方は、このスターテック(StarTech.com)のUSB3.0-eSATA変換が可能なアダプタケーブル(USB3S2ESATA3)を持っていて損は無いでしょう。

以上で解決です。