削除できないパーティションをdiskpartコマンドで削除する

削除できないパーティションをdiskpartコマンドで削除する PC

HDDやSSDのパーティションを削除したい時には、「ディスクの管理」からパーティションを削除するが、「回復パーティション」などはディスクの管理からでは削除することが出来ない。

そんなときには、diskpartコマンドを利用すると簡単にパーティションを削除することが出来るので、その方法を解説します。

消せないパーティションの例

以下のような「回復パーティション」などはディスクの管理からは削除することが出来ません。

ディスクの管理で削除出来ないパーティション

通常のパーティションであれば右クリックで「ボリュームの削除(D)…」というメニューが出るのですが、この「ディスク1」の「回復パーティション」の右クリックメニューには「ヘルプ(H)」しか無いので何も操作が出来ないという状態になります。

「ボリュームの削除(D)...」が無い

このようなケースでは、以下の2通りの対策方法があります。

  1. diskpartコマンドを利用して「特定のパーティションのみ」を削除する。
  2. diskpartコマンドを利用して「ディスク内データを丸ごと」全消去する。(※ディスク内のパーティションも同時に削除されます。)

というわけで、それぞれの方法を解説していきます。

diskpartコマンドで特定のパーティションのみを削除したい場合

コマンドプロンプトもしくはWindows PowerShellを管理者権限で開く

まず、コマンドプロンプトもしくはWindows PowerShell管理者権限で開きます。

コマンドプロンプトを管理者権限で開く

diskpartコマンドを対話形式で実行(パーティションの削除)

diskpart
と入力してEnterキーを押します。(※diskpart起動)

diskpartと入力してEnter

list disk
と入力してEnterキーを押します。(※ディスク情報一覧を表示)

list diskと入力してEnter

今回は「ディスク1」の「回復パーティション」を削除したいので、
select disk 1
と入力してEnterキーを押します。(※ディスクを選択)

select disk 1と入力してEnter

存在するパーティションの情報を確認したいので
list partition
と入力してEnterキーを押します。(※パーティション情報一覧を表示)

list partitionと入力してEnter

パーティション一覧が表示されるので「回復」となっているパーティションの番号を見つけます。

今回はパーティション1なので
select partition 1
と入力してEnterキーを押します。(※パーティションの選択)

select partition 1と入力してEnter

パーティションが正しく選択されたかの確認のため、もう一度
list partition
と入力してEnterキーを押します。(※パーティション情報一覧を表示)

もう一度 list partitionと入力してEnter

削除したいパーティションの左に「*」マークが付いていることを確認し、問題無ければ、
delete partition override
と入力してEnterキーを押します。(※パーティション削除)

delete partition overrideと入力してEnter

パーティションが削除されました。

パーティションの削除完了

削除が正常に終了したら
exit
と入力してEnterキーを押し、diskpartを終了します。(※diskpart終了)

exitと入力してEnter

もう一度
exit
と入力してEnterキーを押し、コマンドプロンプトを閉じれば終了です。

exitと入力してEnter

パーティションが削除されたか確認

ディスクの管理にてパーティションが正常に削除されたか確認します。

ディスクの管理にてパーティションの削除を確認

正常にパーティションが削除され、「未割り当て」になりました。

diskpartコマンドでディスク内データを丸ごと全消去したい場合

例として以下のディスク1のデータを全消去します。

diskpartコマンドでディスク内データを全消去する前の状態

コマンドプロンプトもしくはWindows PowerShellを管理者権限で開く

コマンドプロンプトもしくはWindows PowerShell管理者権限で開きます。

コマンドプロンプトを管理者権限で開く

diskpartコマンドを対話形式で実行(ディスク内データの全消去)

diskpart
と入力してEnterキーを押します。(※diskpart起動)

diskpartと入力してEnter

list disk
と入力してEnterキーを押します。(※ディスク情報一覧を表示)

list diskと入力してEnter

今回は「ディスク1」内のデータを丸ごと全消去したいので、
select disk 1
と入力してEnterキーを押します。(※ディスクの選択)

select disk 1と入力してEnter

ディスク1が正しく選択されたかの確認のため、もう一度
list disk
と入力してEnterキーを押します。(※ディスク情報一覧を表示)

list diskと入力してEnter

データを全消去したいディスクの左に「*」マークが付いていることを確認し、問題無ければ、
clean
と入力してEnterキーを押します。(※ディスク内情報の全消去)

cleanと入力してEnter

ディスク内データが全消去されました。

ディスク内データを全消去する際は、clean以外にclean allというコマンドもありますが、clean allはディスク内の全体を0(ゼロデータ)で上書きするので時間が掛かります。ストレージを自分で再利用する場合は、時間の掛からないcleanで問題ありません。
ディスク内データの全消去完了

exit
と入力してEnterキーを押し、diskpartを終了します。(※diskpart終了)

exitと入力してEnter

もう一度
exit
と入力してEnterキーを押し、コマンドプロンプトを閉じれば終了です。

exitと入力してEnter

ディスク内データの全消去が完了したか確認

ディスクの管理にてディスク内データの全消去が正常に完了したかを確認します。

ディスク内データの全消去後の状態

正常にディスク内データが全消去され、ディスクが「初期化されていません」になり、パーティション情報も全て削除されました。

まとめ

ディスクの管理から削除できないパーティションを削除したい場合は、以下のどちらかの方法でパーティションを削除しましょう。

  • diskpartコマンドの「delete partition override」を利用して「特定のパーティションのみ」を削除する。
  • diskpartコマンドの「clean」を利用して「ディスク内データを丸ごと」全消去する。(※ディスク内のパーティションも同時に削除されます。)

尚、diskpartは強力なコマンドなので、実行する場合は指定するディスクやパーティションを間違わないように気を付けましょう。

以上で解決です。