エレコムの無線LAN中継器をリコールで無償交換してもらう

エレコムの無線LAN中継器「WTC-1167USA-W」をリコールで無償交換してもらう 周辺機器

しばらく利用していたエレコムの無線LAN中継器(型番:WTC-1167USA-W)が壊れてしまった。

正確に言えば、無線LAN中継器として利用は出来るのだが、USBのコネクタの部分のプラスチックが割れてガタガタになっている。

見栄えが良くないので新しい無線LAN中継器を購入しようと思い、色々とネットで検索していたら、実はこの無線LAN中継器(型番:WTC-1167USA-W)はリコールが出ていて新品に交換してくれるらしい。

というわけでエレコムのお問い合わせ窓口に連絡して無償交換を申し込んでみます。

スポンサーリンク

交換前の無線LAN中継器の状態

無線LAN中継器(型番:WTC-1167USA-W)のUSBのコネクタの部分が以下の写真のような状態になっています。

故障した無線LAN中継器「WTC-1167USA-W」

購入直後に小さなヒビが入り、USBのコネクタの部分を曲げるたびにヒビが大きくなって次第に割れはじめて、最終的にはこんな状態になってしまいました。

故障した無線LAN中継器「WTC-1167USA-W」(拡大)

スポンサーリンク

リコールの内容を調べる

検索していたところ、以下のページを発見。

■【重要なお知らせ】11ac 2×2中継器 「WTC-1167US-W、WTC-1167USA-W(ホワイト)」に関するお詫びとお願い
URL: https://www.elecom.co.jp/support/news/20190624/

エレコムの「重要なお知らせ」ページ

リコールに関しての概要を読んでみたところ、「USBコネクタ周辺のプラスチック素材の問題により、ひび割れを起こす可能性がある」とのこと。

対応は「返金」もしくは、このひび割れ問題が無い「色違いのWTC-1167US-B(ブラック)に交換」してもらえるみたいです。

スポンサーリンク

お問い合わせ窓口に連絡

上記の【重要なお知らせ】ページにお問い合わせ窓口の電話番号(フリーダイヤル)が書いてあったので連絡してみます。

電話はすぐに繋がり、「無線LAN中継器のリコールの件で電話しました。」と伝えたら型番を聞かれたので「WTC-1167USA-W」と答え、返金か交換かどちらを希望しますか?と聞かれたので「交換希望です。」と答え、最後に自分の住所・名前・連絡先を伝えて終了。

交換品と同封して着払い伝票を送るので、交換品が届いたら故障した無線LAN中継器を着払いで送り返してほしいとのことでした。

電話(フリーダイヤル)にはすぐに繋がり、やり取りも一瞬で終わりとてもスムーズでした。

交換品到着

交換品はいつごろ届くかな?と思っていたら、なんと「お問い合わせ窓口」に電話した次の日に交換品が到着。

エレコムから送られてきた無線LAN中継器の交換品

エレコムから送られてきた無線LAN中継器の交換品(内容物)

箱には以下のものが入っていました。

  • 交換品(無線LAN中継器「型番:WTC-1167US-B」)
  • ご案内(故障品の返送に関しての案内及び集荷専用ダイヤル一覧表)
  • 送品案内書(明細みたいなもの)
  • 着払い伝票

エレコムから送られてきた無線LAN中継器の交換品(封筒の中身)

交換品と故障した中継器の比較です。

故障した無線LAN中継器と交換品のパッケージの比較

故障した中継器はAmazonの簡易パッケージで買ったのでシンプルですが、交換品はパッケージが鮮やかで綺麗ですね。

故障品を返送

交換品を検品し、問題が無かったので故障品を返送します。

交換品が入っていたエレコムのダンボール箱に故障品を入れ、着払い伝票に自分の住所、氏名、電話番号を記入し、「ご案内」に記載されていた佐川急便の集荷専用ダイヤルに電話します。

エレコムに返送する故障品

翌日、佐川急便のドライバーさんが集荷に来てくれたので荷物と着払い伝票を渡して完了です。

まとめ

リコールと聞くといろいろと手順が大変そうな感じがしていましたが、今回はあっという間にとてもスムーズに全てが完了しました。

ちなみにエレコムさんの評価が自分の中でかなり上がりました。エレコムさんありがとう。

というわけで、
以上で解決です!