WordPressの「ブロックはエラーの影響を受けており」エラーを対策

WordPressの「ブロックはエラーの影響を受けており」エラーを対策 WordPress

WordPressを5.8にアップデートした後に、外観⇒ウィジェットを開くと「ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。詳細は開発ツールを確認してください。」というエラーが表示される。

原因を調べて対策します。

状態

WordPress管理画面の「外観」⇒「ウィジェット」を開くと、以下の画像のように真っ赤なエラーが大量に表示されます。

「外観」⇒「ウィジェット」のエラー表示

原因

WordPress 5.8よりウィジェットの管理方法が「ブロックエディター」に変更されており、利用しているテーマによっては、この変更にまだ対応していない場合があるためでした。

■参考URL
News – WordPress 5.8 Tatum – WordPress.org
https://wordpress.org/news/2021/07/tatum/

対策

プラグイン「Classic Widgets」をインストールして対策します。

「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックし、「Classic Widgets」を検索します。

プラグイン「Classic Widgets」を検索

「Classic Widgets」をインストールします。

「Classic Widgets」のインストール

「Classic Widgets」を有効化します。

「Classic Widgets」を有効化

確認

もう一度「外観」⇒「ウィジェット」を開いて確認したところ、エラーが消えて従来の見慣れたウィジェット管理画面が表示されました。

「Classic Widgets」でウィジェットのエラーが消えたことを確認

「Classic Widgets」は少なくとも2022年、または必要な期間サポートとメンテナンスがされる予定とのことなので、ウィジェット管理画面でエラーが出た場合は、現在利用しているテーマが「ウィジェットのブロックエディター化」に対応するまで「Classic Widgets」をインストールして対策しましょう。

以上で解決です。