無料のサーバー死活監視サービスを設定してダウンタイムを縮小する

無料のサーバー死活監視サービスを設定してダウンタイムを縮小する WEBサービス

「ブログやWebサイトが知らない間にサーバダウンしていた。」こういう経験は誰でもあります。

基本的にネット上のサーバなどは24時間365日稼働させるものですが、ハードウェアやソフトウェア等の問題でサーバやサービスが停止してしまった時間のことをダウンタイムと呼び、このダウンタイムは様々な損失を引き起こす恐れがあります。

すぐにサーバダウンに気付ければあまり問題はありませんが、何時間も気付かなかったとなると大問題です。

そんな事態を防ぐために「サーバー死活監視サービス」は必須です。

というわけで無料で利用できるサーバー死活監視サービスと設定方法を紹介します。

無料のサーバー死活監視サービス

Uptime Robot

Uptime Robot公式サイト

Uptime Robot
https://uptimerobot.com/

無料の死活監視サービスで世界的に最も有名なのが「Uptime Robot」です。簡単な設定ですぐに利用可能です。

歴史も古く、2010年1月からサービスを開始しており、2015年1月に有料の「Pro Plan」の提供を開始しましたが、無料の「Free Plan」でも必要十分な機能があります。

更に、なんと50台のサーバーまで無料で監視できるという素晴らしいサービスです。

2020年夏に国産の「SavaMoni.」が有償化された今、無料で簡単・手軽に利用できる死活監視サービスは「Uptime Robot」の一択状態となります。

Uptime Robotの設定方法

会員登録

公式サイト https://uptimerobot.com/ にアクセスし、右上の「Register for FREE」をクリック。

右上の「Register for FREE」をクリック

名前とメールアドレス、パスワードを入力して「Register Now」をクリック。

必要事項を入力して「Register Now」をクリック

「Please check your e-mail and activate your account. Yay!」と表示され、入力したメールアドレス宛に確認メールが送られてくるので、メール本文の「cliking here」の部分をクリックしてアカウントを有効化します。

承認メールに記載されたURLをクリック

アクティベーションが完了するとアカウントが有効化されます。

死活監視設定

右上の「Login」からログインします。

「Login」をクリック

メールアドレスとパスワードを入力してログイン

ログインして表示される以下の画面がUptime Robotのメイン画面(ダッシュボード)となります。

Uptime Robotのメイン画面(ダッシュボード)

左上の「+Add New Monitor」をクリックして監視するサーバーを追加します。

「+Add New Monitor」をクリック

「Monitor Information」の「Monitor Type」を以下の中から選択します。

  • HTTP(s)
  • Keyword
  • Ping
  • Port

今回はHTTP(s)を利用しますので、

  • Monitor Type:HTTP(s)
  • Friendly Name:お好きな名前(今回は「Blog Server」としました。)
  • URL (or IP):監視するサーバーのURLまたはIPアドレス
  • Monitoring Interval :監視する間隔(スライダーで5分から24時間まで設定可能です。)

を入力し、アラートメール送信先(Alert Contact)に会員登録時のメールアドレスがありますのでチェックを入れて「Create Monitor」をクリックします。

監視するサーバー情報を入力する

「Monitor created! You can keep creating new monitors.」と表示されれば登録が完了です。

監視するサーバーの登録完了

「Close」で閉じます。

監視するサーバーの登録が完了

すると、左側のサーバーリストに登録したサーバーが追加され、右側にリストで選択したサーバーの現在のステータスが表示されます。

これで死活監視を行うサーバーの登録が完了しました。

動作確認

サイトをアクセス不可にして動作確認してみます。(※HTTPステータスコード「403 Forbidden」でテスト)

ちゃんとアラートメールが送られてきました。「HTTP 403 – Forbidden」というHTTPステータスコードも記載されています。

Uptime Robotの死活監視のアラートメール内容

サイト上でもステータスの部分に「Down」の赤文字が表示されています。

Uptime Robotでのサーバー障害発生時のDown表示

サイトを復活させてみます。

すると、もう一度メールが送られてきます。HTTPステータスコードが「HTTP 200 – OK」になったのでサイトが復活したと書いてあります。

Uptime Robotの死活監視のサーバ復活メール内容

サイト上でもステータスが「Up」に変わっています。

Uptime Robotのステータスが「正常」に復活

動作確認完了です。

今回のこの手順でUptime Robotでは最大50個までのサーバーの死活監視を設定できます。

基本的なHTTPステータスコード一覧表

通常のWebサイト運営時に発生する主なHTTPステータスコードをまとめておきます。

100番台から500番台までありますが、基本的に目にしたり利用したりするのは200番台から500番台までです。

番号 メッセージ 説明
200 OK 正常な状態です。
301 Moved Permanently リクエストしたWebサイトが恒久的に移動した。
400 Bad Request リクエストが不正。
403 Forbidden アクセス権が無くアクセスが禁止されている。アクセス制限など。
404 Not Found Webページ(リソース)が見つからない。
500 Internal Server Error サーバ内部にエラーが発生している。
502 Bad Gateway ゲートウェイやプロキシサーバが不正な要求を拒否。
503 Service Temporarily Unavailable サービスが一時的に過負荷やメンテナンスで使用不可能な状態にある。

まとめ

サーバーの死活監視は必須。

死活監視サービス自体も臨時メンテナンスなどで停止する場合があるので、念のために複数の無料サービスを利用し、死活監視サービス自体を冗長化して対策しておきましょう。

以上で解決です。