phpMyAdminのセッション継続時間を延ばす方法

phpMyAdminのセッション継続時間を延ばす方法 サーバー

phpMyAdminにてSQLを弄っている最中に、しばらく他の作業をしていて、再度phpMyAdminを利用しようとしたら、セッション・タイムアウトが発生して再ログインを要求される。

phpMyAdminのセッション・タイムアウト

phpMyAdminのデフォルト設定では1440秒(24分)でセッションがタイムアウトになる仕様なので、ちょっと他の作業に没頭しているとあっという間にタイムアウトになってしまいます。

当方としては、7200秒(120分)くらいセッションが継続してくれるとありがたい。

というわけで、phpMyAdminのセッション継続時間を延ばします。

※動作確認環境
PHP 7.4.8
phpMyAdmin 5.1.1

phpMyAdminの設定ファイル「config.inc.php」の編集

まず、SSHでログイン、又はサーバー管理画面のファイルマネージャー等を利用して、phpMyAdminのインストールディレクトリ内にある「config.inc.php」を開きます。

次に、config.inc.phpの末尾に以下の1行を追加します。

(※セッション・タイムアウトまでの秒数はお好きな値に変更してください。今回は2時間に設定しています。)

【解説】

  • $cfg['LoginCookieValidity']」という変数でセッション・タイムアウトまでの秒数(7200秒=2時間)を設定しています。

phpMyAdminのセッション継続時間を設定ファイルに追加

上記の1行を追加したら、config.inc.phpを上書き保存すれば完了です。(※ApacheやNginx等のサーバの再起動は不要です。)

これで、次回のphpMyAdminのログイン以降は、phpMyAdminのセッション継続時間がデフォルトの1440秒(24分)から7200秒(120分)に変更されました。

以上で解決です。