Windows10メールアプリでアカウント追加時の0x80004005エラー対策方法

Windows10メールアプリでアカウント追加時の0x80004005エラー対策方法 PC

Windows10のメールアプリを利用しようと思って設定をしていたら、「問題が発生しました」「エラー コード: 0x80004005。と表示されてアカウントの追加ができない。

というわけで、対策して正常にメール送受信ができるようにします。

■動作確認環境
Windows10 Pro バージョン1903

スポンサーリンク

状況

普段はOutlookでメールの送受信をしているのですが、メールアプリも利用してみようかと思い、独自ドメインで作成したメールアドレスをメールアプリに設定しようと試みた。

Windows10のメールアプリ

メールアプリを開き、「アカウントの追加」⇒「詳細設定」⇒「インターネット メール」と進み、インターネットメールアカウント画面にメールアカウントの詳細設定を入力して「サインイン」をクリックする。

本来ならここで新しいアカウントが追加されてメールが利用できるようになるはずなのだが、「問題が発生しました」「エラー コード: 0x80004005。」が発生。

Windows10のメールアプリの「エラーコード: 0x80004005」

アカウントの追加が失敗したのか?と思い、「スタートボタン」⇒「設定」⇒「アカウント」⇒「メールとアカウント」と進んで確認してみたら、先ほど設定したアカウントは正常に登録(追加)されている。

アカウントは正常に登録されている状態

明らかにおかしい。何かしらの問題が発生しているはずなので調査して原因を特定します。

スポンサーリンク

原因

色々なパターンを試行してテストしてみたところ、今回のメールアプリでの「エラーコード:0x80004005」の原因は、Windowsの「プライバシー」の設定にあることが判明。

プライバシーの設定をガチガチに厳しくしていたことにより、Windowsアプリが電子メールのデータにアクセスできない状況になっていました。

スポンサーリンク

対策

「プライバシー」の設定変更

プライバシーの設定を変更します。

「スタートボタン」⇒「設定」をクリックしてWindowsの設定を開き、「プライバシー」をクリックします。

Windowsの設定から「プライバシー」をクリック

「メール」をクリックします。

プライバシーの「メール」をクリック

「アプリが電子メールにアクセスできるようにする」を「オン」に変更し、「電子メールにアクセスできるアプリを選ぶ」の部分で「メール/カレンダー」も「オン」に変更します。

「メール/カレンダー」による電子メールへのアクセスを「オン」に変更

メールアプリの再起動

一旦メールアプリを閉じて終了させ、てもう一度起動します。

すると、正常にアカウントが登録(追加)されています。

メールアカウントが正常に登録完了

「アカウントの追加」ウィンドウを閉じて動作確認をしてみましょう。

もし上記の手順でもアカウントの追加が正常に行えない場合は、「スタートボタン」⇒「設定」⇒「アカウント」⇒「メールとアカウント」をクリックし、先ほど登録したアカウントを一旦削除してからもう一度アカウントを登録してみてください。

動作確認

正常にメールが送受信できるかテストします。

メールアプリに新しく追加したアカウント宛に、Outlookからメールを送信して受信テストをしてみます。

Outlookからテストメールを送信

メールアプリで正常に受信できました。

メールアプリでの受信テスト成功

メールアプリの送信テストのためにメールを返信してみます。

メールの送信テスト

正常に送信されてOutlookに返信メールが届きました。

メールアプリのメール送信テスト完了

動作確認OKです。

まとめ

Windows10のメールアプリでアカウントの追加時に問題が発生し、「エラーコード: 0x80004005」と表示された場合はプライバシー設定の変更が必要。

  1. 「スタートボタン」⇒「設定」をクリックしてWindowsの設定を開く
  2. 「プライバシー」をクリック
  3. 「アプリが電子メールにアクセスできるようにする」を「オン」、「電子メールにアクセスできるアプリを選ぶ」の部分の「メール/カレンダー」も「オン」に変更
  4. メールアプリ再起動

これでアカウントが正常に登録され、メールアプリが利用できるようになります。

以上で解決です。