Windowsにフォントを追加・削除する方法

PC

Photoshopやイラレを使っていると指定されたフォントが無いときや、新しいフォントを利用したいときがある。そんなときに新しいフォントをWindowsに追加する方法を解説する。

Photoshop「見つからないフォント」

まずはフォントの基本的な知識と入手方法、PCへのインストール・アンインストール方法を順に説明していきます。

スポンサーリンク

フォントの形式

フォントにはいくつかの形式があります。WindowsやMACにインストールして使う形式と、WEBサイトで利用する形式があります。

TTF(TrueType Font)

歴史の長い昔からあるフォント形式です。WindowsやMACにインストールして使います。汎用性が高くほとんどの基本的なアプリケーションで利用可能ですが、WindowsとMACとでは互換性がありません。

拡張子は「.ttf」「.ttc」

OTF(OpenType Font)

TTF(TrueType Font)を改良して機能を拡大したのがOTF(OpenType Font)です。WindowsやMACにインストールして使います。WindowsとMACで互換性がありますが、一部のアプリケーションでは対応していない場合もあります。

最近はこちらが主流です。

拡張子は「.otf」

WOFF(Web Open Font Format)

主にWEBページでフォントを利用する際に使う形式です。
WEBサーバーにアップロードして利用するか、Google Fonts などではスタイルシート内にフォントのURLを記入して利用します。

拡張子は「.woff」

スポンサーリンク

フォントの入手

フォントには無料フォントと有料フォントがあります。用途によって使い分けましょう。

代表的な無料フォントのダウンロードサイト

■フォントフリー – 無料で使える日本語フォント投稿サイト
http://fontfree.me/

■フリーフォント無料ダウンロード一覧DL – フロップデザイン
https://www.flopdesign.com/fonts.html

■Fontfabric
https://www.fontfabric.com/

■1001 Free Fonts
https://www.1001freefonts.com/

■Adobe Fonts
https://github.com/adobe-fonts/

代表的な有料フォント販売サイト

■Adobe Typekit
https://typekit.com/

■Fonts.com
https://www.fonts.com/ja

■デザインポケット
http://designpocket.jp/dl_font_category/

■Font Factory(フォントファクトリー)
http://www.fontfactory.jp/

自分でフォントを作成できるサービスやアプリ

■PaintFont
https://www.calligraphr.com/

■Fontstruct
https://fontstruct.com/

■Prototypo
https://www.prototypo.io/

■Calligraphr
https://www.calligraphr.com/

■FontForge
https://fontforge.github.io/

スポンサーリンク

フォントの追加方法

フォントを右クリックからインストール

入手したフォントのファイルを右クリックして「インストール」するだけです。

プレビュー画面からフォントをインストール

または、フォントのファイルをダブルクリックするとプレビュー画面が開くので「インストール」をクリックしてもOKです。

スポンサーリンク

フォントの削除方法

検索エリアにフォントと入力

左下の検索エリアに「フォント」と入力すると、コントロールパネルの「フォント」が表示されるのでクリックします。

フォントの削除

フォント一覧から削除したいフォントを選択して「削除」をクリックすると削除できます。(右クリックから「削除」でもOKです。)

スポンサーリンク

まとめ

現在、オシャレで斬新なフリーフォントも数多く無償で配布されており、フォントのインストールも超簡単です。

フォントを変えるだけで印刷物や写真加工の際のイメージががらりと変わってオシャレになったりするので、ぜひ新しいフォントの活用をチャレンジしてみましょう。

 

以上でフォント追加は完了です!