PHPのバージョンUP前に互換性を確認する[PHP Compatibility Checker]

PHPのバージョンUP前に互換性を確認する[PHP Compatibility Checker] WordPress

WordPressサイトを運営しているサーバーのPHPのバージョンアップをしたい。

しかし、WordPressにインストールしているテーマやプラグインが新しいPHPのバージョンに対応していないと、PHPのバージョンアップ後にWordPressサイトが正常に動かなくなるなんてこともある。

そんな不安を解消できるのが「PHP Compatibility Checker」というプラグインです。

今回は実際に「PHP Compatibility Checker」を利用してPHPの互換性を確認して、その後にサーバーのPHPをバージョンアップしてみます。

スポンサーリンク

「PHP Compatibility Checker」の使い方

インストールおよび有効化

メニューの「プラグイン」⇒「新規追加」から「PHP Compatibility Checker」を検索します。

「PHP Compatibility Checker」を検索

インストールして有効化します。

「PHP Compatibility Checker」のインストール

「PHP Compatibility Checker」の有効化

PHPの互換性チェック

PHPの互換性チェックを始めます。

インストール済みプラグインから「PHP Compatibility Checker」の「スキャンを開始」をクリックします。

「PHP Compatibility Checker」でスキャンを開始

スキャンオプションの画面でPHPのバージョンを選択します。(※今回はPHP 7.3で互換性チェックを行います。)

「PHP Compatibility Checker」のスキャンオプション

少々時間が掛かるのでしばらく待ちましょう。

「PHP Compatibility Checker」のスキャン中

約10分後にスキャンが終わりました。以下がスキャン結果です。

「PHP Compatibility Checker」のスキャン結果

「XO Security」でエラーが出ていますので右の「詳細切り替え」をクリックしてエラーの詳細を見てみます。

「XO Security」のエラーの詳細

「結果をテキストで表示」にチェックを入れると、全てのスキャン結果の詳細が見られます。

全てのスキャン結果の詳細を表示

「レポートをダウンロード」をクリックしてスキャン結果を保存しておきます。

スキャン結果のレポートをダウンロード

「report.txt」というテキストファイルがダウンロードされます。

以下が「report.txt」の中身です。(※一部伏字にしてあります。)

「XO Security」のエラーは対策が必要ですが、その他のいつくかの警告は問題なさそうです。

互換性の対策

互換性の無いプラグイン等は無効化するか削除しましょう。(※当方はエラーが出ていた「XO Security」を無効化しました。)

互換性のチェックと対策が終わったら、「PHP Compatibility Checker」自体もを無効化して削除しておきましょう。

スポンサーリンク

PHPをバージョンアップ

事前対策が終了したので、満を持してPHPをバージョンアップします。

※PHPのバージョンアップ方法は以下のページで解説しています。

PHPを7.0から7.3にアップグレードする手順(CentOS 7)
2018年12月6日、PHP 7.3が正式リリースされたのでアップグレードしてみました。その手順です。 ※動作確認環境 CentOS Linux 7.6 PHP 7.3へのアップグレード ■現在のPHPのバージョンを確認します ...
スポンサーリンク

「サイトに重大なエラーがありました。」が発生したので対策

互換性チェックと事前対策をしたのにも関わらず、PHPのバージョンアップ後にWebサイトの動作確認をしたら「サイトに重大なエラーがありました。」が発生。

WordPressのデバッグモードをONにして原因を特定したところ、「Crayon Syntax Highlighter」というプラグインが原因で「重大なエラー」が発生していたので対策しました。

※以下のページで解説しています。

PHP7.3へバージョンアップ後の「サイトに重大なエラー」を対策
サーバーのPHPをPHP7.2からPHP7.3にバージョンアップし、その後にブログの動作確認をしていたら、一部のページが「サイトに重大なエラーがありました。」と表示されて完全にバグっている。 インストール済みのテーマやプラグイ...

動作確認&まとめ

最終動作確認

全ての作業が終わったら、念のため最後にもう一度WordPressのログイン/ログアウトのテストと、Webサイトの動作確認を行いましょう。

問題が無ければ、PHPのバージョンアップは無事完了です。

まとめ

今回の手順のまとめです。

  1. 「PHP Compatibility Checker」をインストールして有効化
  2. 「PHP Compatibility Checker」でPHPの互換性チェックを実行
  3. エラーが出ているプラグインなどは無効化するか削除で対策
  4. 「PHP Compatibility Checker」を削除
  5. PHPのバージョンアップを実行
  6. 動作確認(エラーが発生したら対策)
  7. 最終動作確認

以上で解決です。