ファイルまたはディレクトリが壊れているため…読み取りエラーの修復

ファイルまたはディレクトリが壊れているため…読み取りエラーの修復 PC

外付けのHDDにアクセスしようとしたら「場所が利用できません。」「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」というエラーが出てアクセスできない。

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」エラー

さらによく見てみると、ハードディスクのアイコンがグレーになっている。

ハードディスクのアイコンがグレー

これはマズイ。というわけでHDDの読み取りエラーを対策していきます。

スポンサーリンク

まずHDDの状態をチェック

HDDが読み取れない原因

HDDが読み取れない原因としては、以下の2つの原因が考えられます。

  1. HDDの物理的な故障
  2. ファイルシステムの異常

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」というエラーの場合は、ほぼ上記の[2]のファイルシステムの異常ですが、念のためにHDDの物理的な故障が無いかをチェックいたします。

CrystalDiskInfoでHDDの状態をチェック

HDDの状態をチェックするために、代表的なHDDチェックツールのCrystalDiskInfoを利用します。

■CrystalDiskInfo
https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/

■CrystalDiskInfoダウンロードページ
https://crystalmark.info/ja/download/#CrystalDiskInfo

上記のURLからCrystalDiskInfoの「ZIP版」をダウンロードして解凍します。

解凍して出来た「DiskInfo64.exe」をクリックして起動します。

「DiskInfo64.exe」をクリック

起動したCrystalDiskInfoを見て、HDDの物理的エラーが無いかをチェックします。

以下の画像の①の部分が青色で「正常」となっていれば問題ありません。

CrystalDiskInfoでエラーの有無をチェック

もし①の部分が青色の「正常」ではない場合は、②の部分でHDDのどこで異常が起きているのかがチェックできます。
①の部分が「正常」でなかった場合はHDDの状態が更に悪化してデータが失われる可能性がありますので、出来るだけ電源のON-OFFを避け、速やかにデータのバックアップを取ることをお勧めします。
CrystalDiskInfoで診断した健康状態が「正常」であればHDDにハード的(物理的)なエラーはありませんので次に進みます。
スポンサーリンク

Windows PowerShellでファイルシステムのエラー修正

Windows PowerShellを起動

左下のスタートボタンを右クリックして、「Windows PowerShell (管理者)(A)」をクリックします。※「Windows」ボタンと「x」ボタンを同時に押して「Windows PowerShell (管理者)(A)」をクリックでもOKです。

Windows PowerShellを起動

chkdskを実行

Windows PowerShellにて、読み取れないHDDのドライブレター(※今回はJドライブなので[j:])を指定して「chkdsk」を実行します。

【書式】 chkdsk <ドライブレター> /f

※上記の書式の「<ドライブレター>」の部分は実際にエラーの出ているHDDのドライブレター(d:、f:、g:、j:等)に変えて入力してEnterキーで実行ください。

Windows PowerShellで「chkdsk」を実行

chkdskを実行してファイルシステムのエラー修正が行われると以下のように表示されます。

「Windows でファイル システムが修正されました。これ以上の操作は必要ありません。」と表示されればchkdskのファイルシステムエラー修正は完了です。

右上の「×」をクリックしてWindows PowerShellを終了しましょう。

chkdskによるファイルシステムエラー修正完了

スポンサーリンク

HDDが読み込めるか確認

chkdskが終わったのでHDDが正常に読み込めるか確認してみます。

HDDが読み込めるかチェック

問題ありません。正常にHDDを読み込むことが出来ました。

以上で解決です!